arrow
HOME
Reservation
予約

BLOG

ブログPlease Read It!

Aoyama

MINX青山 お店情報担当 秋山です。

September 02, 2018

Author
minxaoyama

こんにちは!

ミンクス青山店トップデザイナーの

秋山智彦です(^^)




ミンクスでは様々な分野で学べる機会が豊富にあります。

一年目からスタイリスト問わず

一流を目指して日々学びに勤しんでいるわけですが、


今日のブログは

タイトルにもあるように

勉強会について。 

です!



2AC257D9-5B10-459F-AC48-25051C71B323


前回は店内の勉強会の様子をみていきました。


今回は

ミンクスにおける

Off-JT

の仕組みを解説していきます。


ミンクスでは8年前からこの制度を導入しており、一年目の新入社員を対象に取り組んでおります。


Off-JTとは?

職場外訓練の略。日常の業務から離れた教育訓練で講習会や研修会を開き、

Ojtでは習得できない知識や技術を教育することである。(off-the-job training)


OJTとは?

「On-The-job Training」の略称。

実際の職務現場において、業務を通して行う教育訓練のこと。

部下が職務を遂行していく上で必要な知識やスキルを上司や先輩社員などの指導担当者が随時与えることで、教育・育成する方法。




美容業界ではほとんどがこの

OJTで技術や接客術を学んでいくのが通例です。


職人の世界でもあるので

やはり身近な先輩からオンタイムで指導を受け

細かい分野は独学でカバーし

成長していくのがこの業界であります。


僕の入社は11年前になりますが、

その当時は業界でも勉強カリキュラムがしっかりしていて、レベルが高いとは言われていたものの

昔ながらの美容室の文化というものは少なからず感じていました。


自分のレールは自分で敷く。

自力で切り開く感がとてもあったように感じます。


しかし、

先程もお話したように8年前からこの、

職場外訓練

をミンクスでも導入したことにより


講師の技量向上はもとより、

アシスタントの勉強の進み具合は

グッと向上し、

個人の進み具合の“差”

は格段に減りました。



MINXの母でもあり、伝説の美容師、

49年の人生を美容に捧げた

鈴木三枝子さんが言った言葉があります。


「寝ているウサギを起こしてあげるカメになりたい。」


そう、

まさに鈴木さんの言った言葉は言霊となり、

MINXスタッフの心の軸となりました。


ライバルを作り競争して切磋琢磨も素晴らしいと思います。

ただ、僕の解釈になってしまいますが、

その言葉にはとても深い意味もあると思っていて、


一人だけが目立つサロン、


より

全員が全員、手と手を取り合うことで

一人ひとりがプロフェッショナルになり、

携わるお客様をより多く幸せにする事が出来る。


笑顔の絶えないサロン作り。


それが鈴木さんの思いなのかなと勝手ながら思っています。


スタッフ同士の絆を大切にするのがMINXの愛だと日々感じて仕事をしています。



実際に行う職場外訓練の実態の話に移りますが、


MINXでは週休二日制を取っていますので、

従来ですと、(僕が入社した当初は、)

営業前の朝練習

営業後の夜練習

公休日の練習のみで賄っていました。


OJTがメインになり、講師が少ない中

工夫してこなしていく現状でした。


正直当時は相当体はガタガタで、

(入社四年目までセントラル店というMINXでも坪数セット面数の大きいフラッグショップにいたため、相当なハードワークの日々を送っていました。)

営業中サロンワークで疲れ果て、

その後の練習は若いから出来てました。


家に帰ると玄関で寝ていた事なんてよくありましたね(笑)飲酒せずです^_^;


それが当たり前となってしまってましたが、


職場外訓練

Off-JTが導入された事で状況はガラッと変わりました。

まず、

退社する新入社員が激変したことです。


青山店に関してはここ数年退社するスタッフが“0”という驚異的な実績があります。



では、

Off-JTでは何をしているのか??

主に新入社員対象のカリキュラムを

定休日(火曜日)を丸一日使い

今まで教えていた事柄に加え更に掘り下げた内容を座学及び実習を通じ学んでいきます。さ


では週休二日を取っていても

新入社員は一日潰れちゃうから休めないじゃん。

と思うかもしれませんが、


代休があるんです。


定休日はお休み出来ませんが、それ以外でお休みを二日設定できます。


丸一日勉強ができ、

通常通り二日は休める。

なんて幸せなんでしょうか…

僕の時代から欲しかったです(笑)


もちろんOff-JTは出勤扱いになり、お給料も支給されます。


一年目に限りますが、休みの日も店に来ての練習は禁止になっているため

今までは講師の都合で公休日も一年目は勉強会により駆り出されていたものが無くなりました。


結果全店で一年目の離職率が減り、美容師としての体作りを着実に出来る環境になったわけです。


実際美容師を辞める大きな原因の一つで

肌荒れが挙げられますが

肌荒れは過度なストレスも原因だと思います。


入社してからアトピーになったってスタッフを何人も見てきました。

MINXでは手袋シャンプーも推奨しているためそれも合間って現在は手荒れのスタッフは少なくなってきています。


MINXには

勉強カリキュラム推進を担っている、

主に4つのチームプロジェクトがあります。

選抜チームになっていて、

S-pro

MINX内での薬剤を使用する店内技術教育、

施術・薬剤知識、

店外のセミナー、商品開発に携わる組織です。

S-proⅡ

接客技術、接客知識を追求し、教育を担う組織。

電話対応などからサービス全般のチェックを行います。

T-pro

店内における店販商品はお客様ご自宅でのケア、デザインの再現にかかせないアイテムとし、

Tプロでは商品知識を深め商品の販促に携わる組織としております。

A-pro

ヘアケアを極めた組織です。メーカー協力のもと、最新のトリートメント知識や毛髪知識を習得し、更にはトリートメントのソムリエ資格も保有しております。


これらの各チームからの講師をメイン講師とし、

Off-JTでは美容師としての礎ともなる最初の知識をしっかり教育します。


僕も講師としてOff-JTに参加しております。


前回は二回目のカラーのOff-JTでした。

メイン講師は青山店の佐藤スナオ氏です☆

20180619_102229


美容学校では学べない理論やサロンワークでも使えるテクニックにみんな興味津々です。



20180619_102259

講師の佐藤スナオは世界各国を駆け回りカラーやカットセミナーを開催するセミナーのプロです。

無料で聞けるなんて贅沢、、僕も大満足でした(笑)



今はカラーですが、平行してブロー技術の勉強や、

パーマ、接客等をやっていきます。


毎回10:00~19:00までのみっちりコースですが、

一年目の方にOff-JTの感想をきいてみました。


秋山:Off-JTって大変??


高橋君:いや、今座ってるだけなんで体力がありあまってます!!

昔は無かったんですよね?かなり楽しいです。


斉木さん:この前のスナオさんの楽しかったです!Off-JTは大変じゃないです!


だそうです。



Off-JTは生徒もそうですが、講師もレベルアップするいい勉強の場だと思います。



-お客様の文化になる。


MINXのスローガンになりますが、

お客様と一緒に歳をとれる美容師さんを目指し

MINXのスタッフは日々精進していきます。